果樹生育状況

大和百目,甲州百目の柿むきが終わりました。

DSCN0310 DSCN0307

今年は天候不順のための不作と台風19号の強風で柿が落ちて昨年ほど皮むきはありませんでしたが、このくらいあれば十分です。柿の若木を何本も植えたので成長して何事もなければ来年はたくさん収穫できるでしょう!

堆肥をまき始めました。

DSCN0305 DSCN0301 DSCN0306

10tの堆肥をスモモ、桃、さくらんぼの畑にまき始めました。堆肥をまくと土に保水力、保肥力、通気性が改善され土壌にいい効果が期待できるので毎年施肥しています。甘く美味しい果物を栽培するため頑張っています。

恐ろしい台風19号の影響

 DSCN0286  DSCN0291

 

DSCN0296  DSCN0288

この度の台風19号は各地に多大な被害をもたらし、被害にあわれた方々には心からお見舞い申し上げます。当農園でも全部の畑で果樹の枝が折れたり、根こそぎ木が倒れたりと、物凄い風が吹き荒れて、この地域はどこの農園も同じ様に被害をうけたようです。これから肥料をかけて残っている木を大事に育てていこうと思っています。幸い、さくらんぼの木はそんなに被害がなくて無事でした。もう少ししたら剪定が始まります。

これから収穫が始まります

DSCN0283  DSCN0280  DSCN0275

川中島白桃            太陽              デラぶどう

これから、この3種類の果物の収穫が始まります。8月中旬頃まで忙しい毎日です。お盆がすぎれば、色々な作業が待っています。古い果樹を切ったり、鶏糞をかけたり、草退治をしたりと忙しい日が続きます。

白鳳の除袋

DSCN0272  DSCN0269

白鳳の袋を外す作業です。桃が地が抜けてきたのが袋を外す時期で、この後消毒をしてシルバーマルチを敷きます。このところの曇天、雨降りで太陽を見る事が少ないのでお天気のいい日が早く来ればと思っています。

デラぶどうのかさかけが終わりました。

DSCN0267  DSCN0266

ようやく、さくらんぼが終わりデラぶどうのかさかけも終わりました。収穫は8月に入ってからになります。小さいぶどうですが、とても甘くて好評です。

桃の袋かけが始まりました。

DSCN0254   DSCN0260  DSCN0256

桃が大きくなってきました。桃の色をよくしたり、いろいろな病気にかからないように袋かけをします。袋をかけると桃の肌もスベスベしたり風で傷つかないので、なるべく全部の桃にかけます。

さくらんぼは少し地が抜けて赤くなってきました。

DSCN0250  DSCN0249  DSCN0253

いよいよ、さくらんぼも少しずつ色づいてきました。この頃、30°を超えるくらいの暑い日が続き前は1週間位生育が遅れていたのが5日ほどの遅れになってきました。早く、甘く美味しいさくらんぼになってくれればいいのにと思っています。

さくらんぼも少し地が抜けてきました。

DSCN0236    DSCN0240

 高砂                     佐藤錦

高砂が少し地が抜けて肌が黄色っぽくなってきました。佐藤錦はまだ、緑色のままです。順調に大きくなってきています。