果樹生育状況

さくらんぼの剪定

DSCN0714 DSCN0717

さくらんぼの剪定              さくらんぼの枝をチッパーにかける

さくらんぼの木は大きくて高いので1週間くらい剪定に時間がかかります。今年は暖かい日が続き剪定もはかどります。剪定が終わり集めておいた枝をチッパーにかけて木の周りに広げておきます。後1か所さくらんぼの畑を剪定すればすべての果樹の剪定が終わりになります。

令和5年が始まりました。

  明けましておめでとうございます。昨年はいろいろな果物をお買い上げ頂きありがとうございました。

昨年はさくらんぼの時期の天候が悪く不作でしてが、おかげさまで桃、すもも、ぶどうと豊作でいいものが収穫できましたのでお客様にはとても喜んで頂き大変嬉しく思っています。

今年は天候に恵まれて、甘くて美味しいさくらんぼ、桃、すもも、ぶどうを栽培してお客様に喜んで頂きたいと思います。

皆様、コロナもなかなか終息しませんのでお体に気を付けてお過ごしください。

 

DSCN0711 DSCN0709 DSCN0703

南天は鳥たちにつつかれてスカスカになってきました。もう、畑には食べるものがなくなってきましたから赤い実は狙われてしまいます。家の中からカーテン越し鳥が何羽もきて南天の木に止まってつついているのが見えます。もう少したつと南天とピラカンサはほぼ食い散らかされてしまいます。

早咲水仙でしょうか毎年この時期に咲いて、少しづつ春が近づいて来る気がします。

このみかんは「はるみ」と言って3年前に「ゆず」と一緒に植えました。今回初めて6個なりました。「ゆず」は全然なる様子はありません。「はるみ」は1月下旬頃の収穫らしいけど、この前1個試しに食べてみたら美味しかったので、たくさんなれば嬉しいと思っています。

寒かったり暑くなったりと落ち着かない毎日ですね!

DSCN0697 DSCN0700 DSCN0702

果樹の収穫が終わり、忙しかった日々から少し余裕がでてきて農作業も暑い時は休み午前中の涼しい時と夕方の涼しい時に仕事をしています。今は古くなっていい実がとれない果樹の木の抜根作業をしています。その合間に来年のための桃のせん孔病、カイガラムシの消毒などをします。後は堆肥と肥料かけ草取りなど農作業は毎日あります。10月下旬から11月上旬には太秋柿の収穫になります。

もう、収穫は終わりになりました。

DSCN0692 DSCN0695 DSCN0696

ジベデラの収穫は今日で終わります。今まで太陽、川中島白桃とジベデラの収穫を交互にして毎日、忙しく働いていました。6月のさくらんぼから8月までいろいろな果物の収穫で農園ブログを載せる暇がなくて今日で収穫終わりのジベデラを載せてみました。緑色の袋がかかっているのはシャインマスカットです。自家用に1本植えて5年目でようやく収穫が出来るようになってきました。これからは草苅やら古い木の抜根作業です。今まで忙しくてできなかった仕事をします。

高砂、佐藤錦の収穫もそろそろ終わり

DSCN0684 DSCN0685 DSCN0686

紅秀峰            紅秀峰                レーニヤ

今年はさくらんぼの交配時期が暑すぎて受粉が上手くいかずに佐藤錦、高砂は本当に不作でした。でも紅秀峰やレーニヤはびっしりなって、その上粒も大きいので枝が下がってしまうほどです。まだ、収穫には早いので甘さがでていないから甘く美味しくなったら宅配に使います。今年はさくらんぼ狩りも休園することになり毎年、ご来園してくれる方々には申し訳ない思いです。来年はたくさん、さくらんぼがなってさくらんぼ狩りで皆様をお迎えしたいです。

桃の袋かけ

DSCN0677 DSCN0679 DSCN0681

なつっこの袋かけ

川中島白桃、日川、夢浅間、夢しずく、白鳳と全部の桃の袋かけをしました。5月21日から袋かけを初めて5月30日までかかりました。袋の細い針金をまげて閉じるのですが、約40,000枚なのでだんだん指が痛くなり、ようやく袋かけが終わりほっとしました。袋を掛けると病害虫や葉ズレから桃を守ることができます。

今年、初めてのさくらんぼの収穫

sDSCN0672 DSCN0673 DSCN0676

紅ゆたか

今朝、サイドレスの中で紅ゆたかの収穫が始まりました。サイドレスの外はすごく雨が降っている。紅ゆたかは早生種で高砂より早く収穫が始まりました。まだ、いっぺんに収穫はできませんが赤い順にもいでいきます。

さくらんぼが色づいてきました。

DSCN0670 DSCN0664 DSCN0654

甲斐ルビー            紅ゆたか             佐藤錦

早生種の甲斐ルビーはだいぶ色づいてきました。紅ゆたかの後に高砂、佐藤錦と順に色づいて6月に入るとすぐに早生種の収穫になります。今年はさくらんぼの交配時期が暑すぎて受粉が上手くいかず、さくらんぼの実のつきかたが悪く残念ですがさくらんぼ狩りは休園することになりました。その分宅配に力を入れますのでご注文をお待ちしております。

デラぶどうの肩切りです。

DSCN0644 DSCN0645

肩切り前               肩切り後

デラぶどうの肩切りと多い房を切り落とします。一芽に4房以上ついてしまいますので2房にして肩を切ります。この仕事はずっと上を向いているので首が痛くなり後で肩が凝ってきます。この作業が終わってから、つるの誘引になります。風が吹いて芽がかけたり房が擦れてしまいますから誘引で固定します。ジベする時のため房も下に向けてジベがしやすいようにします。首のいたみも、上をむいての作業が続き慣れてきます。少したってジベ処理をして直ぐに笠かけをして収穫まで(8月上旬頃~中旬頃)待っています。

今年はどのスモモも豊作です。

DSCN0646 DSCN0647 DSCN0650 

太陽摘果前          摘果後               落とした太陽

今年は暖かい日が続きのスモモ交配にはとても良い時期でした。サマーエンジェル、ソルダム、太陽、恋カレンなどどの木もびっしり実がついて、摘果するのに何日もかかりました。風が吹いて実が落ちたり、実に傷がついたりするのでいっぺんに摘果するのでなく、仕上げ摘果、見直し摘果と後2回おりぬきます。